3級家具製作技能士講座3回目
2018-10-19

昨日の夜は3級家具製作技能士検定講座3回目の授業がありました。

前回に続き刃物の調整や砥ぎで、加工にはまだ入りません。

 

鑿同様鉋も買ってすぐに使える状態ではありません。

最初は刃が出るように台の木を削って調整し、その後台直しをして使えるようにします。

今回はある程度鉋が調整をしてあるものを買ったのですぐに刃が出るようにはなりました。

 

鉋はいくら刃が切れても台直ししないと削れません。

この作業をするための台直し鉋と言う鉋もあるのですが、この講座ではペーパーを使います。

定盤やガラスなどの真直ぐな面にペーパーを張り付けて、そのうえで鉋の台を真直ぐに削ります。

 

真直ぐに削れているかどうかを下端定規を当てて確認します。

ライトの光が漏れなければちゃんと真直ぐになったということです。

真直ぐになれば終わりというわけではなく、鉋の台は全面が真直ぐになっているのではなく

削らないといけない場所があるのでその部分を削ります。

文章で書くと簡単そうですが、買ったばかりの鉋なのでこの調整だけで2時間ほどかかってしまいました。

皆さんお疲れの様子でしたが、一度調整できれば次の台直しはもっと簡単にできますよ。

 

刃を入れてもう一度台の確認を下端定規でして、いけていれば実際に使ってみましょう。

ちゃんと調整できたようで、薄い削りかすが出ていました。

 

これで鉋の調整は終わりで、次回からは仕口の加工に入ります。


3級家具製作技能士講座3回目


3級家具製作技能士講座3回目 - 株式会社ウッドロード 木工家具教室|木材販売|カフェ
〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋2-3-26 株式会社ウッドロード
関連ホームページ|ウッドロード木工動画教室木材販売は材木屋showおうち木工教室のスマイルウッド
プライバシーポリシーウッドロード概要サイトマップ
Copyright© 2015 株式会社ウッドロード 木工家具教室|木材販売|カフェ All Rights Reserved.